綺麗な歯並びと美しい白い歯を実現するインプラント

医療費控除

医療機器

歯科用インプラントとは、歯が無くなった時に、そこにあった歯の代わりに人口歯を作って、顎骨に埋め込む人工歯根のことです。
また、歯並びを綺麗にするためには、ワイヤーなどを使用した矯正歯科治療を行いますが、最近では歯並びが悪い所や全部の歯を抜いて、インプラントで白くて綺麗な歯並びにすることもできます。
しっかりと義歯を固定できるので、差し歯よりも丈夫なため、審美歯科治療にも使用されるようになりました。
矯正治療では、数ヶ月から数年と長い年月がかかってしまいますが、インプラントでは矯正治療よりも短期間で綺麗な歯並びを手にすることが出来ます。
また、現在差し歯にしている人がインプラントに変えることもできます。

インプラントの歴史はとても古いです。
世界各地で発見された事例では、紀元前3世紀頃から使用されてきた治療法です。
世界角国で、さまざまな発見がされてきましがた、現代のように治療法として確立をされてきたのは最近の話です。
現在では、歯科の治療法の一つとして適用されています。
また、医療福祉関係の大学や、歯科関係の大学や専門学校などでも、この治療法について勉強をするようになっています。
また、これから先も医療はどんどん進歩していくので、インプラントのような、昔からの治療方法を変えながらできた治療や、昔では考えられなかったような治療方法が確立されてくると思います。
そして近年では、歯科の審美性にも注目されるように変わってきています。